ワークフローシステムを比較しよう|自社にあったものを見つける

メンズとレディ

集計する作業時間を短縮

社内風景

タイムカードは、従業員の勤怠管理を行うことができます。企業によって打刻方法が異なりますが、手書きで記入するところもあるでしょう。手書きとなると、出勤時は混んでしまい行列ができてしまいます。また、タイムレコーダーで打刻を行っている場合は、誰でも取れる環境になっており、誰かが代わりに押してしまう不正打刻を簡単に行うことができます。また、締日になるとタイムカードを集計して、それに見合った計算を行っていきます。人員が少ないところだと、作業を行う社員に負担をかけてしまいます。次月の人件費の把握が遅れてしまう可能性があります。このような問題を改善するには、クラウド型の勤怠管理システムを導入しましょう。クラウド型の勤怠管理システムだと、指紋認証など生体情報を採用したものがあります。また、ICカードや個人番号を使って打刻する方法もあるので、不正を防ぐことができるでしょう。さらに、勤怠管理システムを使うことで、集計などの作業を短縮することができ、社員の業務負担を軽減してくれます。勤務時間集計が自動化されるため、次月の人件費を把握することができ、その月にあった対処が行えるでしょう。

クラウド型勤怠管理システムは、スマホからでも連携できます。出張の社員は打刻を押すことは難しいといえます。その都度申請をしたり、報告書を提出したりして後から行うところもあるでしょう。しかし、スマホから連携できるクラウド型の勤怠管理システムであれば、出張先から打刻することができ、申請が後日になることはありません。また、電話で報告することもないといえます。